女性の味方・大豆イソフラボンを活用しよう

エストロゲンの補給には豆乳

バストアップに効果がある食べ物として、豆乳が有名です。乳腺発達と密接に関わりのある女性ホルモンのエストロゲンと、豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は働きが似ているので、豆乳を飲むことで間接的にバストアップできるわけです。

 

大豆イソフラボンは豆腐や納豆など、豆乳以外の大豆製品にも含まれていますが、豆乳は吸収率がよいうえ、基本そのまま飲むだけなので手軽さも魅力ですね。

 

イソフラボンを補給するのに豆乳が適している理由

日本食品安全委員会ではイソフラボンの過剰摂取を防止するために、1日の摂取上限を75mgとした上で、そのうちサプリメントや特定保健食品から摂るのは30mgまでにするのが望ましいとしています。この上限値は、毎日欠かさずに長期間摂取する場合の平均値で、この量を超えたからすぐに健康被害が起こる訳ではありません。その範囲ならまず絶対安全という数字なので、言い換えれば毎日75mgは摂取したいところです。

 

ちなみに大豆イソフラボンを過剰摂取した場合、血中ホルモン値が変動したり、月経周期が延長する可能性があります。一方で大豆イソフラボンによってホルモンバランスが整うことで、月経前症候群(PMS)が改善される場合もあるので、適量を摂取することはバストアップのためだけでなくメリット大ですね。

 

豆乳に含まれるイソフラボンの量は、メーカーや商品によって異なります。一例として市販の豆乳200mlパックで「無調整豆乳68mg」「調整豆乳50mg」「豆乳飲料30mg前後」となっています。ここに例えば食事での豆腐や油揚、味噌や納豆などもはいってくると1日の適量に達する場合があります。逆に通常の食事であまり大豆食品をとってない場合は、豆乳でフォローする必要性があります。

 

空腹時に豆乳を飲むと、水分補給もできるうえ、大豆成分が腸内環境を整え余分な糖質の吸収を抑え、ダイエットにも効果が期待できます。けっこう満腹感もあるので食べ過ぎを防ぐこともできますね。

 

豆乳の味やにおいが苦手という方や毎日は飽きるという方は、きなこやココアを混ぜるなど。飲み方に一工夫してみてください。豆乳プリンや豆乳ケーキなど食材としてもバリエーションがあります。最近は豆乳鍋も人気が高いですね。上手に食べて上手にバストアップを目指しましょう!

バストアップサプリメント最新人気ランキング


 

レディーズプエラリア99%+プラセンタ

40代からのバストアップサプリメント!?
全ての女性におすすめな成分を厳選配合!
純度100%・高品質のプラセンタを配合
国内生産・丁寧なサポートで安心と信頼度が抜群!

公式サイトへ


 

グラマー

発売から7年の実績が品質の証!
リピーター多数の優秀バストアップサプリメント
女性の健康に役立つ天然ハーブを配合
最高の素材を最高の配合だから健康的に美しく

公式サイトへ


 

ピンキープラス

バスト専門エステ御用達のサプリを独自入手
もう、遺伝や年齢のせいだとあきらめなくてOK!
成長ホルモンと女性ホルモンに新発想のアプローチ
本格派豊胸カプセルと好評価!

公式サイトへ