バストアップサプリメントは母乳に影響が出るので要注意

授乳中に飲んでもOK?

妊娠中や授乳中はバストが自然に大きくなっているので、あまりバストアップ欲求は出ないと思いますが、授乳後のバストラインの崩れを早めにケアしておきたいという方は多いと思います。

 

授乳期間は、バストいっぱいに母乳が溜まっていて、パンパンにはる→赤ちゃんが飲むとしぼむを繰り返すことになります。これが授乳後にバストの形を崩す原因の1つです。

 

母乳でバストが大きく&重くなることで、バストをつりあげているクーパー靭帯が伸びたり、最悪切れてしまうこともあります。

 

授乳中には気づかなくても、授乳後バストが垂れて来て気がつくことも。また授乳後は乳腺は不要となって萎縮します。それと同時に乳腺を守るために増えたバストの脂肪も減少し、一気にボリュームダウンします。皮膚が余ってたるんでしまう場合もあります。

 

授乳中にマタニティブラでしっかりとクーパー靭帯を保護したり、授乳後にバストアップマッサージをするなど、工夫をすることでサプリを使わずケアすることが大切です。

 

バストアップサプリメントは栄養補助食品なので、体に害になる成分は入っていませんが、授乳中にバストアップサプリメントを飲むのは、基本的には避けておきましょう。妊娠中もそうですが、授乳中はお母さんの摂取した成分が赤ちゃんの栄養分でもあります。

 

バストアップサプリメントは女性ホルモンに関係する成分が配合されているので、お母さんにとっても、赤ちゃんにとってもホルモンバランスを乱れさせる危険があります。

 

また、妊娠中や出産後は女性ホルモンの分泌が通常よりも増加しているため、バストアップサプリを飲むと過剰摂取になりがち。そのためメーカーサイドでも、妊娠中や授乳中は利用しないように、との注意がなされています。特に女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをもつプエラリア配合サプリは、体への影響も大きいので摂取しないでください。

 

断乳しばらくの間は母乳を生成するためのプロラクチンと呼ばれるホルモンの分泌が続いています。ホルモンバランスも落ち着かないので、バストアップサプリを使用する場合は、断乳して最初の生理の後の卵胞期からスタートしましょう。その場合も、できればエストロゲン作用の少ない、安全な成分のものを選んでくださいね。

バストアップサプリメント最新人気ランキング


 

レディーズプエラリア99%+プラセンタ

40代からのバストアップサプリメント!?
全ての女性におすすめな成分を厳選配合!
純度100%・高品質のプラセンタを配合
国内生産・丁寧なサポートで安心と信頼度が抜群!

公式サイトへ


 

グラマー

発売から7年の実績が品質の証!
リピーター多数の優秀バストアップサプリメント
女性の健康に役立つ天然ハーブを配合
最高の素材を最高の配合だから健康的に美しく

公式サイトへ


 

ピンキープラス

バスト専門エステ御用達のサプリを独自入手
もう、遺伝や年齢のせいだとあきらめなくてOK!
成長ホルモンと女性ホルモンに新発想のアプローチ
本格派豊胸カプセルと好評価!

公式サイトへ